銀行系カードローン

Posted on 16.11.9 By

カードローンは怖いと思っている方は、カードローンに対する知識がすくない証拠です。よくお金を借りるというのが消費者金融からお金を借りると決めつけている方もいらっしゃいますが、実は堅実な銀行からもお金を借りる事ができます。銀行系のカードローンには、使いみちが自由で担保を必要としない無担保型のローンと、不動産や有価証券などの担保を必要とする有担保型のローンの二種類があります。

一般的なカードローンは、総量規制によって年収の三分の一と借りる事が出来るお金に上限がありますが、銀行系の場合には、この融資の上限がありません。年収の1/3以上の借入れを考えている場合には銀行系でのカードローンがおすすめだと言えます。

また、銀行系のカードローンの魅力と言えば、一般的なカードローンよりも利息が低く設定されている所が多いので、最終的に支払わなければいけない金額を減らす事ができます。銀行系のカードローンを利用しようと思った場合には、銀行ごとによって違う利息をしっかりと調査した上で、カードローンを申し込む銀行を調べてから利用する事が必要になります。同じ金額を借りた場合でも、一年以上かりるとかなりの差になりますので、事前にしっかりと調べておくようにしてください。

未分類


カードローンの不安

Posted on 16.11.8 By

突然の事故や病気、友達の結婚式など、社会人の方なら急にお金が必要になるケースは多いと思います。もちろん普段から貯金をしておけば問題ないとは思うのですが、まとまってお金が出てしまう機会が重なった場合いは、選択肢のひとつとしてカードローンは頭に入れておくのがおすすめです。

しかしお金が必要だからといって安易に、にキャッシングやカードローンを利用するのはあまりおすすめできません。というのも借りたお金には金利という利子を追加して支払う必要がある為、借りたお金以上にお金が必要になってしまうからです。よくテレビドラマや映画などで借金取りが会社や自宅まで来て暴れるような場面がありますが、あれはあくまで演出ですので心配はいりません。しかし、お金を返さなければ色々と不具合が出てくるのは当然のことです。

カードローンを利用する方は、絶対に金利や返済日などしっかりとシミュレートした上で利用する事が求められています。またカードローンを利用する場合には、難しい審査なども準備されておりますので、それをクリアしなければ借りる事ができません。いきなり借りられないと言われたら困ってしまうと思いますので、まずは時間の余裕をもって審査を行っておくのも一つの方法だといえます。

未分類


カードローンの金利

Posted on 16.11.4 By

カード会社からお金を借りるカードローンを利用する場合には、国の法律で決められた上限があります。この上限を超えて融資を受けてしまうと違法になってしまいますので注意が必要になります。お金を金銭の貸付業者から借りたときの金利は利息制限法という法律によって、本10万円未満の場合年20パーセント、10万円以上100万円未満の場合年18パーセント、100万円以上年15パーセントと決められています。

金利の計算方法は、「利息=元金×金利×借入期間」という式で算出されます。つまり、借りた金額を返済するまでの時間が短ければ短い程、返済する金額は少なくなりますので、返済のストレスを大幅に減らす事ができます。自分で毎月返済できる金額と合わせて、なるべく早く返済できる金額を考慮した上で、融資を受ける金額を算出する事で、お金を借りた後でも返済のストレスを感じずに返済する事ができます。

最近では、一週間などの短期の融資に対しては利息を付けない無利息キャッシングサービスを展開しているカードローン会社が増えてきました。

参照HP・・・一週間無利息でキャッシングができるカードローン「ノーローン」

例えばお給料の三日前にどうしてもお金が無くなってしまった時などに利用すれば、利息を払わずにお金を借りることができますのでかなりお得です。

未分類